過去の発表タイトルに戻る - ゼミのお知らせに戻る - ホームに戻る

2003年度森林生態学ゼミ発表タイトル

<<前期>>

4月14日 武田 博清(教授)
「熱帯林の落葉分解プロセス」

4月21日 大澤 直哉(講師)
「Logging impact on seasonal variations of the carabid beetle assemblage」

4月28日 大園 享司(助手)
「温帯林における落葉の分解にともなう養分物質の動態」

5月12日 土井 裕介(M1)
「亜高山帯針葉樹林での倒木上及び地表上における針葉樹実生苗の根形態」
      山下 博司(M1)
「キノコ食昆虫の群集構造 〜テングタケ属を中心に〜」

5月19日 平野 みお(B4)
「ネジキ・ナツハゼ・アセビの開葉様式・分布様式と光環境」
      勝又 伸吾(B4)
「枯死材による窒素の不動化が、カワウ営巣林分の窒素動態に与える影響」

5月26日 大曽根 陽子(東大・理・日光植物園)
「栄養成長モデルを用いた、光合成能力の多様性がもたらす要因の解明」
      長田 典之(東大・理・日光植物園)
「熱帯雨林における樹木の葉の寿命はどう決まるのか?」

6月9日 秋山 玲子(M1)
「コナラ稚樹のバイオマスに対する養分条件と植食の影響」
     水町 衣里(M1)
コナラ、ミズナラ稚樹の成長様式に対する土壌養分と昆虫類の食害の影響」

6月16日 杉浦 真治 SUGIURA Sinji(D3)
モチツツジの花生産と被食の時空間的な関係」

      河村 耕史 KAWAMURA Koji(D3)
「暗い林床におけるウスノキの樹冠発達の法則

      長 美智子 CHO Michiko(D2)

「二次林の下層に生育するコジイとアラカシの成長様式:樹形から見た戦略とバイオマス成長」

6月23日 藤巻 玲路 FUJIMAKI Reiji(D3)
「森林生態系における細根の生産性の測定法について:上賀茂試験地におけるヒノキ天然林の事例」

      森 章 MORI Akira(D3)
「中部山岳地帯の亜高山帯針葉樹林における樹木の更新・共存機構」

      石丸 香苗 ISHIMARU Kanae(D3)
「Effect of current-year radical growth on crown development in Japanese black pine (Pinus thunbergii) saplings」

6月30日
菱 拓雄 HISHI Takuo(D2)
「異なる生活史を持つ細根の作り分け」

    相川 高信 AIKAWA Takanobu(M2)
「冷温帯落葉広葉樹における開葉・落葉のタイミングのサイズ間の違い 〜斜面上下での比較〜」

7月7日 中島 弘起 NAKAJIMA Koki(D3)
「成長段階に伴うチークの樹冠発達パターンについて」

    中川 宏治 NAKAGAWA KOJI(M2)
「皆伐施業がトビムシ群集に与える影響」

    小出 奏 KOIDE Kanade(M2)
(修士論文経過報告)
「ヤブツバキ落葉の初期分解過程と菌類動態」

7月14日 石井 弘明 ISHII Hiroaki(助手)(神戸大学 自然科学研究科 森林資源学講座)
「ダグラスファー老木樹冠の形成と維持」
   
    角谷 友子 KADOTANI Tomoko(B4)(神戸大学)
「ダグラスファー老木の樹上枯死枝の現存量と分解過程」

10月6日 菱 拓雄 HISHI Takuo(D2)

「ヒノキ成木の細根系発達様式」
Growth process of a fine root system in mature trees of Chamaecyparis obtusa Sieb.

      秋山 玲子 AKIYAMA Reiko (M1)

「コナラとミズナラのバイオマスに対する養分条件と食害の影響」
Effects of fertilization and herbivory on biomass of Quercus serrata and Quercus crispla saplings

10月20日長 美智子 CHO Michiko(D2)
Light environment and above-ground growth of Castanopsis cuspidata and Quercus glauca in a shaded forest understory

     山下 博司 YAMASHITA Hiroshi (M1)
「キノコ食昆虫の群集構造 〜梅雨の群集に注目して〜」
The community structure of mycophagous insects in the rainy season

10月27日中島 弘起 NAKAJIMA Koki (D3)
「チークの単軸分枝構造と当年枝動態」
”Monopodial architecture and current year branch dynamics of teak”


    土井 裕介
「亜高山性針葉樹実生の根系構造 -定着基質の影響と種内・種間比較-」
     
11月3日水町 衣里
「コナラ稚樹の成長様式に対する昆虫類の食害と土壌養分の影響」
"Effects of herbivory and fertilization on growth patterns of Quercus serrata saplings"

    石川 寛
「ポンポン山における里山林研究 −落葉分解を中心にー」

    石丸 香苗
「裸地緑化における植栽木の初期サイズの影響」
"Effect of sapling size on erosion control plantation"

11月17日杉浦 真治
「ツツジ上のハマキホソガをめぐる寄生蜂群集の構造と動態 ー寄主植物による寄生蜂群集への影響ー」
"Structure and dynamics of parasitoid communities on Caloptilia moths (Lep. Gracillariidae) associated with two Rhododendron plants: Effects of hostplant on the structure of parasitoid communities"

    森 章 
「亜高山性針広混交林における常緑針葉樹稚樹の空間分布」
”Effects of mixedwood canopies on spatial patterns of conifer advance regeneration in a subalpine forest in central Japan”

12月1日河村 耕史
「低木スノキ属の樹冠形成:分枝の規則性と光可塑性の解析」
”Crown development of Vaccinium shrubs: An analysis of stability and plasticity of shoot branching in response to light variation.”

    藤巻 玲路
「土壌の窒素・炭素の無機化過程に及ぼすヒノキ落葉および細根リター分解の影響」
”Soil N and C mineralization process affected by leaf and fine root decomposition in a Chamaecyparis obtusa forest
”.

12月8日小出 奏
「ヤブツバキ落葉の初期分解過程と菌類遷移」
Earlier decomposition and fungal succession of Camellia japonica leaf litter

     相川 高信
「樹木群集の開葉・落葉タイミング
〜斜面上下に生じる階層構造の異なる林分での比較〜」

     中川 宏治
「皆伐後のトビムシ群集構造の変化とその理由」

12月15日勝又 伸吾
「カワウ営巣林における枯死材の現存量と養分蓄積量」

      平野 みお
「里山二次林のツツジ科樹木2種の開花特性」



過去の発表タイトルに戻る - ゼミのお知らせに戻る - ホームに戻る