調査地概要

      

目次

調査地

      

map ボルネオ島北部のマレーシア領サバ州のほぼ中央部、キナバタンガン川の上流域に位置しています。 1993年にドイツ政府の協力を得てReduced Impact Logging (RIL) を開始し、1997年に東南アジアで初めてForest Stewardship Council (FSC)から持続的森林利用を実践する森林として認証されました。


map

デラマコットの森林は135の区画に分割され、区画ごとに伐採計画が立てられFSCの査察を受けます。通常、1年に3区画において伐採が行われます。





調査区

主要調査区は伐採手法にもとづいて以下の3つに分類されています。各カテゴリーに2haの永久調査区が置かれています。その他に、以下の衛星プロットが置かれています。

伐採手法 面積 カテゴリー

原生林2ケ所 0.4ha & 2ha 非伐採区
1970年代伐採跡地2ケ所 0.4ha Old growth





1995年のRIL跡地2ケ所 0.4ha 低攪乱伐採区
2000年のRIL跡地2ケ所 0.4ha & 2ha RIL







従来型伐採跡地2ケ所 0.4ha & 2ha 従来型伐採区
0.4ha RIL







* 植生、土壌動物、飛翔性昆虫、生態系動態では、以上の3カテゴリーでの比較研究を行っています。
* 哺乳動物では、低攪乱伐採区(含非伐採区)と従来伐採区での比較を行っています。

調査区の位置関係